2500年前に

タイマッサージの発祥はお釈迦様(仏陀)の筆頭主治医であったシバカゴーマラバット(Javika Kumar Baccha)通称”シバゴ先生”によって、仏教とともにタイに伝えられたと言われております。タイ古式マッサージやNuat boranなどとも表現される、タイ伝統医学の一つのマッサージです。2019年に”Nuat thai”という名称にて、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

2人で行うヨガ

”2人で行うヨガ”とも呼ばれており、施術する側はもちろん、受ける側も運動量が高いポーズが施術の中に組み込まれているのが特徴です。ヨガの”ストレッチ”というエッセンスと、中国由来の”指圧”を組み合わせた手技から構成されてボディワークとなります。
呼び名は様々ですが、タイマッサージの中でも大きく分けて2つのタイプがあります。
1つ目がバンコクスタイル。しっかりとした指圧が特徴
2つ目がチェンマイスタイル。ヨガ由来のストレッチが特徴
※当方では2つめのチェンマイスタイルをベースにとしています。スクールで教えているITMスタイルもチェンマイスタイルです。
・・・とはいうものの、複数のスクールで学んでいる方や、セラピストそれぞれの得意な手技などがありますので、実際のところは施術する人間に大きく依存するところが大きいのが実情です。(ちなみに、私はストレッチ多めです)

SEN

タイマッサージでは合計で72,000通りの”SEN”と呼ばれるエネルギーラインが身体中に存在していると考えられています。そのSENの流れを整えて活性化させることを目的に、手や足、肘や膝など体全体を使い、呼吸とともに穏やかにゆったりとしたペースで施術をしていきます。また、身体中のSENは全て繋がっているために、腰に違和感を感じるから腰のみを、肩に不調を感じるから肩のみをという施術は行わず、あくまで全体を施術します。72,000通りある中でも、主要なSENは10本と言われております。そのうちの6本が脚を通っていることもあり、マッサージのスタートは脚から始まり、脚に関連する施術が多いことも特徴的です。

期待できる効果

SENという目に見えなく、イメージしづらい内容を挟みましたので、今度はわかりやすい内容で”タイマッサージに期待できる効果”をご紹介します。この他にもありますが、この2つが大きいものと考えます。※効果をお約束するわけではありません

1、ストレッチにより普段動かされない筋肉を伸ばされる
日常生活の中で行われる動作はある程度決まっています。スポーツなどで身体を動かす機会が少なくなればなるほど、動作のパターンも減ってきます。そうなると、動かされることのない筋肉が増え、関節の可動域は少しずつ狭まってきます。結果として”身体が硬い”といった状態になっていきます。
タイマッサージでは、他人(セラピスト)からの手によりストレッチがかかりますので、筋肉には程よい刺激が入ります。そして、そのストレッチが完全なる脱力で行われることにより効果は増します。ストレッチとは筋肉を引き延ばさす作業、一方で緊張(力み)は縮む作業。ヨガのポーズの動きや自分自身でセルフでストレッチを行うとき、”ストレッチをする”という動きが入りますので、完全なる脱力で行うことはとても難しいです。タイマッサージでは脱力した状態に、されるがままにストレッチがかかるので、普段届くことのできない領域まで届くことができるのです。なので、タイマッサージを受けるときは、力まず何も考えず、されるがままに脱力を心がけてください。心がリラックスできたら寝ていただいても構いません。また、部位によっては血流やリンパの流れに対しても同様に効果をもたらします。

2、リラックスした深い呼吸により、自律神経が整う
日常生活では常に気を張り巡らし、時間に追われ、心身ともに忙しい毎日を送っている方も少なくないと思います。そうすると呼吸は浅く、早くなります。いつでも戦える緊張状態です。そこで、日常からかけ離れ、誰からも邪魔されずに、ゆったりとしたリズムでマッサージを受けることにより、自ずと呼吸は深まっていきます。呼吸の動作は”吸う”時に交感神経、”吐く”時に副交感神経と繋がっておりますので、大きく整えられます。吐く息が深まることにより、リラックスを司っている副交感神経が優位になります。意識があるものの、半分寝ている”半覚半眠”のリラックス状態にもっていくことがタイマッサージの目指すところであります。

ここでは2つほどご紹介しましたが、その他にもたくさんの素晴らしい効果が期待できます。

痛くないの?

タイマッサージの話をすると、必ずと言って良いほどに「痛くないの?」と言われます。そもそも、マッサージ全般的に「痛い」イメージを持っている方も少なくないと思います。特にタイマッサージは「アクロバティックで無理な形をとり痛い思いをした」という話をよく聞きます。

Policyにも書かせていただいておりますが、「リラックスの状態」が一番であるため、無理に負荷のかかる施術や不自然な痛みを感じるようなマッサージになるように心がけております(いわゆる”いた気持ちがいい”ところまで)副交感神経を活性化させることを目的としているにも関わらず、痛みを感じたり、それに対して不安を感じてしまっては全く安心できないためです。

施術する人によって異なりますので、タイマッサージは痛くないですよ、とは言えませんが、少なくとも私の施術では「無理に痛くすることを目的にはしていないので痛くないです」と言い切ります。ゆっくりと長い時間をかけてストレッチをかけていきます。

世界一気持ちのいいマッサージ

先ほどご紹介した他にもタイマッサージには様々なサブタイトルを持っていますが、その中の一つに”世界一気持ちのいいマッサージ”とも呼ばれております。

いつも同じ動きになりがちな日常生活、いつもは使わないけど重要な筋肉ってたくさんあります。それはスポーツを行なっていても同じことです。滞っている身体のSENの流れを緩やかに呼び覚まし、本来ある身体の素晴らしき自然治癒力を取り戻すお手伝いができることがタイマッサージの素晴らしさである、と私は考えます。

ここまで読んでいただいた方ならきっと興味が湧いたはずです。

「世界一気持ちのいいマッサージ」本当かどうか試してみませんか?

お申し込み&お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。