タイマッサージは、主に”ストレッチ”と”指圧”が掛け合わされた手技が特徴です。押す、揉む、伸ばす、などの動きが全身にかけて行われます。

これは、SENといった体内のエネルギーラインを活性化させるために行われます。

そのため、体内が活性化されることにより、状態によっては逆に”マイナスな状態”となってしまう可能性があります。

例えば、血管が弱くなっている状態での指圧はマッサージを行うことにより血管への損傷の可能性があり危険です。食後で胃の中に食べ物が入っている状態では気分が悪くなってしまう可能性もございます。

以下に該当する場合は、健康を維持するためにもマッサージセッションをお控えください。
・心臓病
・高血圧
・妊婦
・生理初期
・静脈瘤(場所をお知らせください)
・糖尿病
・がん
・大きな外傷
・食後1時間以内
・泥酔状態 など

これ以外の場合でも、セッションを行うことが危険と感じた場合にはお断りすることがございます。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。