たとえ不調を感じていなくとも、定期的な身体のメンテナンスを!

私たちマッサージを施術するセラピストも、腰が痛くなったり、肩が凝ったり、不調をきたします。

だって人間だもの。自分の身体に対するアンテナを鋭くはっており、ヨガやストレッチや運動でセルフケアは心がけていますが、自分の力だけではなんともならないこともあります。自分で自分を十分にマッサージすることもできないですしね!

季節の変わり目だからか、フードや襟があるもの、はたまたマフラーなどをする季節になったからか、肩こりに悩まされていたのです。

***
ということで、自転車のつながりにてご縁のある野中先生の”KOAはりきゅうマッサージ院”さんに伺ってきました。あっ、以前にInto the SPACEにお越しいただいた際にこのブログにも登場していますね!

身体を一通りみていただいたのち、鍼とマッサージの治療をしていただきました。

アドバイスがとても的確でわかりやすく、タイマッサージとは違ったアプローチであり、驚き!と面白い!の連続でした。控えめに言っても先生はゴッドハンドでみるみるうちに改善されていきました。

後ろを振り向く時、左から向くのが苦手なのですがなんと見事に改善。左右差や振り向く時の癖があることも見抜かれました。そもそもの振り返り方が右と左とで動き方が異なっていたそうです。だから右側のほうが後ろが向きやすい、と。そして、それの原因となっているコリやハリをほぐしてくれました。(メッチャ痛かったけど最高でした笑)

そして問題の肩こりにアプローチするべく、首や肩の数カ所に鍼をうっていただきましたなんと鍼が曲がってしまうほどに凝っている筋肉がありました。。。

帰宅後、なんともいえない睡魔に襲われたのですが、10分ほど仮眠をすると驚くほどにスッキリしたのでした。ん~最高!

***

「自分の感じている痛さと実際に身体で起きていることはズレがある」

私もよくお客様と会話しているのですが、野中先生も同じことを言っていました。

なので、自分では「メッチャ健康!」と思っていても実際はコリや疲れを感じていないだけであったり、腰痛い~なんて悩みも身体では腰以外の筋肉の方がもっと張っていたりと。人間の感覚って敏感な様で結構鈍感だったりします。

***
私は不調の原因は日常の中に潜んでいると思います。

なので、マッサージで肩こりがなおるか?というと”良くなるといえば良くなる”と。

デスクワークの姿勢が悪かったり、長時間の座りっぱなしのパソコン作業、立つ時のクセであったり、それらが疲れから引き起こされたり、原因は様々。身体に対して現れたそれらの結果が肩こり。根本原因はソコを変えないと治らない、と思います。

ではそれを変えることできるか?というと現実問題はできませんよね。

「デスクワーク姿勢が悪いからデスクワークをやめなさい」ってやめれませんよね?
「立ち仕事で疲れるとどうしても右足荷重になってします」では立ち仕事やめれるか?
「自転車で疲れるお尻筋肉の張りが腰痛につながっています」では自転車やめますか?

というとそんな簡単ではありませんよね。

なので”完全に直す”ということはできなくとも、その苦しみを一時的に解放させてあげたり「悪いところがある」ということ自体に気づかせてくれたりすることってメッチャ大事だと思うのです。気づくことによって意識が向き、改善にもつながりますしね!知らなかったら何を意識したらいいのかもわからん。

なので、どちらも必要なのですね。

私としてはそれプラス”リラックス”が本当に大事だと思うので、そこにかなりフォーカスしてマッサージのセッションをしています。

ボディケアは様々なアプローチがあります。

自分にあったもの、今の症状にあったものなどにあわせて選ぶべきです。

メンテナンス、大事ですね。改めて実感。大切な身体で交換できない唯一無二の存在です
ゴッドハンド野中先生の”KOAはりきゅうマッサージ院”のHPはこちらから。

先生自身も熱心なスポーツウーマンでトライスリーとなので、スポーツ愛好家にもおすすめですよ!セラピストとしてもとても貴重な時間になると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です